• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨日初めてのノア観戦ということで天才対決以外にもすばらしいカードばっかりだったので気に入った試合を話そうと思っていたら、7・18日の両国大会に三沢が参戦することが決定し、シングルで小島と対戦することになった。昨日の試合後インタビュールームでインタビューを受けているときにスーツ姿の小島が現われ対戦を要求したところ、三沢も快く握手で応え、参戦が決まった。これでノアとは線になりつつあることは間違いない。さて、話を昨日のドームに戻すと、天才対決以外に見てておもしろかったのは、ジュニアタッグのタイトルマッチである。バチバチにやりあうノアのジュニアの中に問題児のカシンが入ることで噛み合うか心配だったが、バッチリ噛み合った。どこにいってもカシンはカシンだった。完全にペースを乱された王者組だったが、丸藤が雪崩式不知火で厄介な挑戦者組を退けた。丸藤が以前、ライガーに向かって「ノアのジュニアは最強です」と言ってライガーを怒らせたことがあったが昨日の試合を見るかぎり、ノアのジュニアは最強だと思った。それに気付いているからこそライガーは黒ライガーに変身して戦いを求めているのかもしれない。金丸もライガーの再三の厳しい攻めを耐えぬいて、旋回式の垂直落下式ブレーンバスターという荒技でベルトをノアに取り戻した。IWGPのダッグタイトルマッチは物足りなかった。高山、鈴木が強すぎるのか、挑戦者組が弱いのか…。そしてまたも死闘が生まれたメインの小橋‐秋山。死ぬんじゃないかっつーぐらいの技がいっぱい出て、最後はこれも危険度100%の大技、バーニングハンマーで小橋が防衛に成功した。俺が個人的にすごいと思った選手は丸藤だ。あのセンス、とひらめきはみんなが言う通り天才だろう。
体つきこそヘビーとジュニアで違いはあるが若いときの武藤を思わせる跳躍力があった。全体を通して興行は大成功だっただろう。いいカードが揃っただけに客席を見渡してもほぼ満員だった。ノア、全日、あとはZERO‐ONEも含めて純プロレスをもっと広めてほしい。



スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。