• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
武藤が2年ぶりにチャンピオンカーニバルを制した!
 大森との準決勝をなんとか突破して望んだ決勝の相手はリーグ戦で30分、フルタイムドローに終わった健介との決着戦だったが、激戦の末15分33秒、武藤の代名詞であるムーンサルトプレスで堂々の3カウント!見事2年ぶり2回目の栄冠に輝いた。試合後のコメントで痛めている膝について、「一番痛かったけど、一番頼りになった」や膝のケガは「長年付き合ってる友達みたいなもの」とサラっと言ってしまうあたりが非常ににくい!今回のチャンカンは例年にない豪華メンバーが揃った。
 フリー戦士の、健介、大森も出場し、現三冠王者の川田も久しぶりの出場とあって話題性は十分だった。しかし、川田が開幕戦で負傷し、その後のリーグ戦を欠場することになり、一人主役が減ったが、それに奮起したのが武藤だった。ジャマールに敗れ、ギリギリで予選を通過したが、そこは天才といわれるだけあって、その能力をいかんなく発揮し、見事過酷な戦いを乗り切った。次はしばらく手元から放れている三冠の奪回。さらにはチャンカンの優勝者と新日本のG1の優勝者が戦うというプランまで持ち上がっている。
 しかしその前にあるビックサプライズは、5月9日に開かれる「三銃士サミット」である。ここでは間違いなくこれからのプロレス界の発展についての話があがるだろう。蝶野が言っているプロレスオリンピックについても話が出るだろう。なにはともかく武藤の優勝はほんとにうれしい!まだまだ社長業に専念するのはもったいないし、自分自身もリングで輝いている武藤をもっと見ていたい。今回の優勝を期にまたバク進する武藤を見たい。

スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。