• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2・22日、今回の大会をもって全日本プロレスは日本武道館から撤退する。経費を削減するためだ。武藤社長も全日本の武道館大会は新日本の東京ドーム大会みたいなものと言っている。コストがかかるわりには利益があまり見込めないらしい。確かにここ最近は満員になることはなかった。しかし、今日は違った。超満員といっていいくらいの観客の入りだ。川田-橋本の三冠戦、武藤、サップのチームW-1とRO&Dの対抗戦、天龍-渕の超ベテラン対決など最後にふさわしい豪華なカードが揃った。俺の中の今日のベストバウトは世界ジュニアの王座を決める決定戦だ。カズの相手のBLUE-Kの正体がTAKAみちのくだったことにより急遽カズ-TAKAという実力者同士の対決になった。やはり二人ともアメリカで活躍していただけあって、テンポのいいスピーディな展開を繰り広げる。最後はカズがファイナルカットを連発して世界ジュニアを獲得。ヘビー、ジュニア両方のベルトを手にしたが、納得のいく顔をしてない。TAKAのマイクアピールにもあまり反応を示さず、本来は戦うはずだったカシンを初防衛戦の相手に指名した。対照的に期待を俺の裏切った試合は、小島-ケアの試合である。
 とゆーかケアが期待を裏切った。ウエイトがありすぎて動きにキレがなく、ケガする前のケアの出来とはほど遠かった。RO&Dに入ってヒールに転向し、凶器を使うようになり動きをごまかせるようになったせいか、体もウエイトアップしたと言うより太ったって感じであり、Tシャツを着て試合してよかったんじゃないだろうか。セミファイナルと、注目の三冠戦は次回。

スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。