• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あっという間にスーパースター達の日本での2日間の公演は終わった。

 WWE(ワールドレスリングエンターテイメント)が去年に続いて来日をした。
今回は「ロウ」組のみの来日だ。2日目を見に行ったのだが、その日の朝のスポーツ新聞を見てガッカリした。
な、なんとブッカーTが帰国してしまった・・・。
スピンルーニーも見たかったし、「Can you dig it, sucka?」と、思いっ切り叫びたかったもんだ。
会場に行き外で販売しているグッズ売場を見ると、長蛇の列!
パンフを買って中に入るとすでに超満員。
プラカードを持っている観客を見て、普段テレビで見ているアメリカの世界がそのまま日本にワープしてきたようだった。
やはり、スーパースター達はレスラーであり、役者であった。そのパフォーマンスに日本の観客もときには大声援、またあるときにはブーイングでしっかり応え、レスラーもそれに応じる。
会場全体が一体にになっている。ステイシーが入場してきたときはほとんどの人がテスティクルズになっていただろう。リング内でも見せてくれた。
どの試合も普段に比べると比較的時間が長かった。日本仕様で試合をしてくれたのだろう。中でも、RVDとクリスジェリコはベストバウトだった。
二人とも若い頃は日本を主戦場としてきた者同士が時が経ちスーパースターとなって日本に戻ってきたのである。試合はジェリコに軍配が上がったが、時間が経つのを忘れるぐらいに攻守の入れ代わりが激しい試合だった。
大技ばかりに目がいきがちだが、WWEのレスラーにはしっかりとした基礎があり、その基礎があのような大技を出せる源となっている。
そして今回の日本公演のメインを締めくくるのはタイトルマッチ!
チャンピオンのHHHに昨日の挑戦者決定戦でジェリコに勝利したTAJIRIである。
メイン開始前にステファニーGMが花道に姿を見せ、また近い将来の来日を約束。そしてGM自らTAJIRIを紹介。対するチャンピオンのHHHは今回が初来日とあってファンも登場を心待ちにしている。
大「タジリ」そして大「ニッポン」コールの中試合開始。素早い動きとテクニックでHHHを翻弄するがパワーで軽くかわされてしまう。
勝負をかけた場面でもフレアーが介入しTAJIRIに最後の一押しをさせない。最初のペディグリーはなんとか返したものの2発目は返せず、TAJIRIの挑戦は終わった。
一度帰りかけた花道をリングに戻り、ダウンしているTAJIRIを抱え起こし健闘を称えるHHHに大きな声援が飛び今回の公演は幕を閉じた。

もっと見ていたいという気持ちを抑えながら、ステファニーが言った「We will be back soon.」を信じたい。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。