• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「紅白をぶっとばせ」だったが、俺は紅白とチャンネルを変えながら見た。中島みゆきは見れたし、高山ーサップには間に合ったし、紅白もみたい人が見れた。何と言っても武藤の阿厳役である。知ってると思うが、5日から大河ドラマ「武蔵」が始まり武藤が阿厳役で出演するのである。今回はその番宣のため紅白にゲスト出場したわけである。
 試合に話を戻すと、サップがまた進化した。アメフトタックルの態勢でゴングを待ち一気に突進。高山もパンチを出すがあっという間にコーナーにつめ、マウントになり上からパンチを降り下ろし高山の顔面を腫らすと、ガードしている高山の腕をとり、素早く腕ひしぎへ移行、すぐさまレフェリーが試合をストップ!!サップが圧勝した。
 パンチに気をとらせておいてから腕ひしぎと本格的に総合格闘技を覚え始めた。一方、高山はドンフライ戦に続き正面から挑み、豪快に散った。しかし高山の評価は落ちることはないだろう。高山は観客の心をつかんだからである。俺の楽しみはこのような総合に出場するプロレスラーのセコンドにつく人物である。高山には確か、金原がいたような・・・。 吉田には高坂が安田には魔界倶楽部ついていた。
 中でも一番印象を受けたのは、藤田のセコンドである。カシンとあのブライアンジョンストンがついたのである。ドンフライと共に新日マットに殴りこみ、フライと決裂後は新日本隊で活躍、同時に永田、藤田などに格闘技のアドバイスをしていた。99年8月、新日本、神宮球場大会のオープニングマッチで藤田とジョンストンが戦ったことを覚えている。本当に病気から回復してくれてうれしく思うし、カシンの肩を借りて花道を歩く姿は感動した。その分藤田には勝ってもらいたかったが・・・。今回も簡単に振り返ったが今年の視聴率はどうか見物だ。今年は以上!!
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。