[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
いやぁ~すごかった!これぞプロレス!これぞシングルマッチ!これぞ男と男の戦いっつーのを見せてもらった。
去年に引き続き開催したノアの東京ドーム大会。今日、7月18日、関東地方が梅雨明けをしたこの日、完全にノアはプロレスファンの心を掴んだだろう。試合の内容なんて興奮しすぎてあんま覚えてない。メインの三沢‐川田、エルボーとキックの応酬、三沢は場外でのタイガードライバー、タイガードライバー'91、エメラルドフロウジョン、川田は花道でのパワーボム、顔面への強烈なジャンピングハイキック、そして脳天から打ち付けるパワーボムと二人ともここまでやるか~ってぐらいの技を出した。最後は三沢が気迫で向かってくる川田に容赦ないエルボーを連発で打ち込み、KO同然にし、ピンフォールを奪った。久しぶりに凄い三沢、強い三沢を見たような気がした。そんなメインを凌ぐ打撃戦を繰り広げたのは、正真正銘!運命の初遭遇、小橋‐健介。だいたいの試合展開はみんな予想してただろう。試合ね展開は予想通りだったが、試合内容がハンパなかった。何十発連続打ったかわからないぐらい逆水平の応酬。二人の胸はみみず腫れになり真っ赤になって、今にも血がでそうだった。そしてラリアット合戦とゴツゴツとした打撃戦が繰り広げられた。最後は小橋がローリング袈裟きりの連発から豪腕ラリアットで健介をねじ伏せた。試合が終わればノーサイド!健介はノアのファンと小橋に感謝の気持ちを述べ、小橋も健介と抱き合って、健闘を称え合った。健介はノアのファンの心を掴んだだろう。非常に気持ちがいい光景だった。たぶん、三沢‐川田、健介‐小橋のどっちかが今年のベストバウトになるんじゃないかな。ノア最高!あっそれと、力皇‐棚橋がメインじゃなくてよかったね。俺が試合中トイレ行ったらものすげ~並んでたよ。みんな考えることは一緒だなと思った。たぶんメインになったらみんな帰ってんじゃん。あの2試合のあとにあんなの見たくね~だろ。あ~武藤が三冠とりますよ~に!
スポンサーサイト
page top
橋本さんの急死が今だに自分の中では真実とはなかなか受けとめることができないまま、ノアの東京ドーム大会がいよいよ前日に迫った。こんな気持ちでプロレスを見に行くことなんてもちろん初めてのことで自分としてもかなり複雑である。今回はそんなに書くことができない。明日、出場する選手たちがケガすることなく素晴らしい試合をみせてくれることを期待して…
page top
7月11日、また一人の偉大なレスラーを失った。
破壊王としてプロレス界をリードしてきた橋本真也さんが11日午前、脳内出血のため亡くなった。肩の手術を受けて、復帰に向けて順調にリハビリしてるものだとばっか思っていたので物凄い衝撃を受けた。今も全然信じられない。肩の故障を抱え、手術を受ける前は思うようなファイトができなかったが、新日本時代は手のつけようがない強さを発揮していた。今でこそ永田に破られてしまったがIWGP連続9度防衛という記録も持っていた。永田の対戦相手と比べてみると、当時の橋本さんに挑む挑戦者のレベルが高い!そう考えると、橋本さんの記録は価値が大きい。トニー・ホームとの異種格闘技戦、当時UWFインターの高田延彦からベルトを奪い返した試合、長州との死闘、そして切っても切れない小川直也との因縁。破壊王と言われる由縁なのか常に橋本さんの周りには橋本さんの首を狙う敵がいた。もう2度と豪快な袈裟切りチョップ、DDT、危険度抜群の垂直落下式DDTは見ることができない。それと同時に
、武藤、蝶野との闘魂三銃士の再会もなくなった…。40歳という人生は早すぎる!まだまだ活躍できたのに… こうなったら武藤、蝶野は橋本さんのために夢の三銃士興行、プロレスサミットをやるべきだ!
三沢社長、藤波、長州、天龍、小川、健介、いや!プロレス界一丸となって!橋本さんのために! 心から御冥福をお祈りします。

さらば破壊王 橋本真也


page top
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。