[プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。
私的プロレスコラムを勝手に執筆中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 「 WRESTLE-1 」今回、武藤が掲げたテーマは「ファンタジー」である。豪華なセット、華やかな入場シーンは、WWEばりである。ゴールドバーグのアメリカから現地到着までの映像、車を降りたときはすでにコスチュームとWWCを見ているようだった。また、スピアーやジャックハマーの必殺技も相変わらずの切れ味だ。サップのダンスも見事だった。しかしながら、観客の度肝を抜いたのは、やはり「ムタ」であった。
 瞬く間にリング全体を煙が包み、全く見えなくなってしまった。そして煙が消えるとリングにはムタがいた。煙と共に現れたのだ。さらに、従来のマスクではなく「ジェイソン版」と予告していたマスクは、近代的に進化したシルバーのマスクだった。クモ嫌いのサップに対しては丁度いいだろう。
 試合は、場外でのイス攻撃、パワーボムの態勢からの毒霧と「ムタワールド」全開だった。さらには、「フラッシュニングエルボー」、「シャイニングヴィザード」と、サップに対して「プロレス技」を体感させる。そして、観客はそれに声援で応える。誰が見てもムタは試合を楽しんでいた。
 中西戦のような力と力だけの勝負だけでなく、それに技、受け身、さらにはリング上だけでなく観客をも巻き込んでの戦い!
一つの技で観客を自分の味方にしてしまう。これがプロレスの面白さである!!
 結局、試合には負けてしまったが、完全にムタはサップをプロレスの世界に引き込んだ。そう、「ボブ・サップ」は、すでに「ムタ」の蜘蛛の巣に引っ掛かり、もうすでに、そこから逃れられないのである。

 全体を通してオープニングのブッチャーからメインのムタ対サップとカード編成も成功といえるし、サムグレコ、ランデルマンなどプロレスセンスのある格闘家の発見もあった。さらに、三銃士の再会という魅力もあった。蝶野のマイクアピールは大歓声を呼び、橋本も新日時代と同じ、気合いのファイトを見せた。ムタも橋本も解説席の蝶野を軽く挑発していた。

 次回の「 WRESTLE-1 」は、1・19東京ドーム!
果たしてリングの上での三銃士の再会はあるのだろうか?また今回は出場しなかった「天龍」などの大物選手も見てみたい。
 しかし、今回中継したテレビ局には、もっとしっかりとした編集をしてもらいたかった・・・。視聴率稼ぎの編集はやめて欲しい。
「あんな中継なら深夜でいいから2時間枠で放送しろ!!」
   

スポンサーサイト
page top
 今年も世界最強タッグ決定リーグ戦の時期がきた。10.27の武道館大会で参加チームが発表されていたが、今年は参加チームがガラリと変わり、去年より面白いリーグ戦になりそうだ。
 Xとなっていた武藤のパートナーもアニマル・ウォーリアーに決定し、一気に優勝候補になった。他にも、天龍、テンタ組、小島、ケア組、大谷、田中組など優勝を狙えるチームが揃った。         

 さて、武藤、アニマル組の初戦の相手は嵐、荒谷のアジアタッグ王者。ゴングと同時に嵐が武藤に仕掛ける。早くもフロッグスプラッシュ炸裂!しかし武藤はカウント2で返す。さらに嵐はラリアットを狙うが、武藤はクルリとかわすとシャイニング!だが、ダメージが残っていてタッチに行けず、対する嵐は荒谷にタッチ。荒谷も果敢に攻めるがムーンサルトをかわされ、アニマルにタッチされる。武藤は荒谷を持ち上げ、コーナーに上っているアニマルに渡す。そして雪崩式アバラッシュホールドからカバーに行くが嵐がカット!すると武藤がフォールしているアニマルの背中を踏み台にして嵐にシャイニング一閃、これで分断に成功し、最後はアニマルがパワーボムで荒谷をフォールし、4分弱でケリをつけ、勝ち点2を確実に取った。

 その他のリーグ戦は、小島、ケア組がウイリアムス、ロトンド組に22分の激闘の末勝っている。ケアは去年も武藤と組んで開幕戦でウイリアムス、ロトンド組と対戦し勝ってその勢いで優勝した。今年もパートナーは違うが開幕戦で同じ相手に勝った。今年の結果はいかに・・・

page top
Copyright © 2005 [プロレスコラム]俺に言わせろ!!ってほどじゃない。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。